#13

4°42'42.9"N 73°56'53.8"W

(ボコダ近郊,コロンビア)

ボコダ近郊の今は廃坑となった石灰石の採掘鉱山。そこは極寒の地ゆえにLa Siberia(シベリア)と呼ばれる。この鉱山から採掘された石灰石は首都ボコダを形成してきたコンクリート建築の原料として欠かせないものであった。

採取者

Gerrit Stollbrock

ゲリット・シュトブロック

"Colombian and German. After finishing BAs in Philosophy and Economics in Bogotá (Colombia), he worked as researcher and consultant in social and peacebuilding projects. He got into filmmaking some years ago and has directed three independent documentary films: 'La Siberia' (2014, documentary, 86 min, directing debut), 'To shoot a memory while it flies' (work in progress, documentary, 27 min) and 'Foto Hermi: light marks' (work in progress, documentary, 63 min). The video installation 'La Siberia: to remember while one forgets', based on the documentary film 'La Siberia' was exhibited at the Regional Art Biennial in Bogota (2015). He has conducted research on documentary film as memory device since after finishing an MA in Sociology and Documentary Film at Goldsmiths College (London). He is currently Visual Anthropology teacher at the Universidad Externado de Colombia (Bogotá)" コロンビア人・ドイツ人。ボゴタ(コロンビア)で哲学と経済学の学部を卒業してから、社会・平和構築のプロジェクトで研究者とコンサルタントとして働いていた。数年前に映画制作に入り、3本の独立系ドキュメンタリーを監督してきた。これらは「La Siberia」(2014年、86分、監督デヴュー)、「To shoot a memory while it flies」(制作中、27分)、「Foto Hermi: light marks」(制作中、63分)である。ドキュメンタリー映画「La Siberia」に基づいたビデオインスタレーション「La Siberia: to remember while one forgets」がボゴタの地域芸術ビエンナーレ(2015)で展示された。ゴールドスミス・カレッジ大学院(ロンドン)の社会学とドキュメンタリー修士課程を修了後、ドキュメンタリーを記憶装置として研究しつづけている。現在、Universidad Externado de Colombia大学(ボゴタ)に映像人類学教授として所属している。

© 2023 by AIUCHI KEIJI(M) created with Wix.com